OM-1

 オリンパスのOM-1は思い出の詰まったカメラです。中学に入った頃にカメラが欲しくなり、日本カメラが出していた「カメラ年鑑」を買って、隅までそらんじるほどに毎日読んでいました。ニコン、キヤノンのほか、ペンタックス、コニカ、ミノルタ、ミランダといった一眼レフが並ぶ中で、オリンパスのOM-1は中学生のハート(笑)を惹き付けるには十分すぎるオーラを放っていました。「世界最小」とか「フォーカシングスクリーン交換」とか「モータードライブ」とか「ベローズ」とか「エベレストで凍らずに動いた」とか、たまりませんでしたね。

 その頃の父親はいろいろな事情があって決してお金に余裕があったはずではないのに、息子のわがままに応えてOM-1とzuiko 50mm/F1.4のセットを買ってくれました。嬉しくてフイルムが入っていないときは空巻き上げ+空シャッターを毎晩繰返していましたし、小遣いでフイルムを買えたときは友だちと遊びに行くときにも肩からぶらさげていました。

(ここでタイムワープ)

 半年ほど前に、機材の整理をしようと久しぶりにOM-1を引っ張りだしてきたら、プリズムが腐食していることが判明。インターネットで調べてみると、この症状は初期のロットの持病なのだそうです。お金をかけて修理するかそれともヤフオクあたりで丸ごと売り払うかしばらく悩んだあとで、オーバーホールに出すことに決めました。かなり程度のいい中古が2台は買えそうな金額を提示されましたが、ほかの個体と置き換えることのできない思い出の個体なので、出費は覚悟の上です。

 子どもの頃に父親にはいろいろとプレゼントを買ってもらったはずなんですが、どれも覚えていません。未だに手元に残っているのはこのOM-1だけ。このカメラを手にすると、今年1月に亡くなった父親の元気だったときの姿が浮かんできます。自分の息子が中学になったら譲り渡そうかと思っていますが、デジタルで育った世代がフイルムカメラなんかに興味を示してくれるでしょうか。おとうサンタは今から心配です。

#モノクロのほうが渋いので差し替えました。カラーは恒例となった月例展会場にあります。

#カメラ機材はいろいろと出入りを繰返した末、仕事で使うEOSは別にして、結局ライカとハッセルとOM-1というプリミティブなシステムのみが残りました。手入れをすれば何十年と使えるカメラばかり。棺桶に入るまで買い換えの気苦労がありません(物欲を我慢できたとして!)。

| seki | permalink | 写真・カメラマン | trackbacks (0) | comments (4) |

そうですか、治りましたか。私も2,3年前修理をお願いしましたが、無理とのことで涙をのみました。初めての自分専用カメラ。私の場合は大学生でしたけれどね。いいカメラです。あのフォルムのデジカメ、いつか出るのでしょうか。妙なサイスのCCDになっちゃのでしょうか。現在私は、ニコンのCiilpix8400なんていうへそ曲がりなクラシックデジカメを、中古で買って使ってます。
 また同じ機種に一度も街でであってません(苦笑)。

| july4 | 2005.12.26 月曜日 - 22:40

july4さん、ごぶさたしています。お元気でいらっしゃいますか?

 悲しいことにオリンパスは既にOM-1の修理受付を終了しています。僕が頼んだのは川崎にある関東カメラサービス(http://www.kanto-cs.co.jp/)です。プリズム腐食も再蒸着してくれます。ただ、修理できるのはOM-1Nまでだそうです。露出計周りが単純なcdsだからかも知れません。

 OM-DやPen-Dが出たら楽しいでしょうね。

| seki | 2005.12.27 火曜日 - 0:01

お疲れさまです。僕も今日偶然、似たようなことを考えておりました。F3がデジになって再発されないものかと。仕事で使えるスペックでなくても良いので、フィルム時代のニコンボディが欲しいなと思います。PEN-Dというのもいいですねぇ。でもライカMシリーズのデジというのはちょっと・・・(笑)。
追伸:遅ればせながらリンク貼らせていただきました。

| JQP | 2005.12.27 火曜日 - 0:20

JQPさん、こんばんにちは

F3-Dもいいですねぇ(僕は世代的にはニコマートFTNですけど)。
リコーにGR-D自在組み立てパーツキットを出してもらって、中古で値が下がったどんがらボディに自分で組み込めたら楽しいかも。シャランあたりで作ってくれないかしらん。

| seki | 2005.12.27 火曜日 - 1:27
 









http://yukihiro.kir.jp/mt33/mt-tb.cgi/55
<< 現在にひとつ進む | 最新エントリー | 過去にひとつ戻る >>